横浜市・川崎市のリフォーム・雨漏り修理なら株式会社蓮花草まで
HOME>職人ブログ

職人ブログ

シックハウス対策のための法規制
    * 2002年 建築物における衛生的環境の確保に関する法律の改正により、特定建築物における新築や大きな模様替等が行われた後、最初に到来する6月~9月(気温が高い時期)に、ホルムアルデヒドの測定及び対策が義務づけられた。

    * 2003年 建築基準法の改正により
         1. 建築材料をホルムアルデヒドの発散速度によって区分し使用を制限
         2. 換気設備設置の義務付け
         3. 天井裏等の建材の制限
         4. クロルピリホス(防蟻剤)使用建材の制限

    などが定められた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


横浜市で介護リフォームするなら、一貫施工の株式会社蓮花草まで

投稿者 株式会社蓮花草 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
シックハウス症候群
シックハウス症候群(シックハウスしょうこうぐん:Sick House Syndrome)は、建築用語・または症候のひとつ。新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名。

海外ではSick building syndrome(シックビルディング症候群)と呼ばれるが、日本ではオフィスビルや病院等の住居以外の建築物で起きるものを特にシックビル症候群と呼んでいる。また、新品の自動車でも同様の症状が報告されており、シックカー症候群としてマスメディア等で取り上げられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


横浜市で介護リフォームするなら、一貫施工の株式会社蓮花草まで

投稿者 株式会社蓮花草 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
塩害
塩害(えんがい)とは、塩分によって農作物その他の植物や電気設備、鉄、コンクリート構造の施設などが害を受けること。

一般的には海沿いの地域で多く発生する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


横浜市で介護リフォームするなら、一貫施工の株式会社蓮花草まで


投稿者 株式会社蓮花草 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
雨漏り
雨漏り(あまもり)は、雨が建築物の内部へ意図しない場所から侵入すること。

建築物は雨が侵入しないように考慮して設計が行われるが、設計の段階で欠陥があるか、あるいは施工の段階で欠陥があると完成した建築物へ雨が侵入することがある。

また雨漏りの原因として建築材の経年劣化によるものも挙げられる。台風やその他暴風雪、塩害などの気象条件、周囲環境に適さない建築材や、耐水性の少ない建築材を用いることで劣化の進行が起こりやすく、雨漏りが起こりやすいということがある。 また雨漏りの原因となる水の浸入は、水が風によって下から上に押し上げられたものが多く、たとえ大雨でなくてもある日突然発生するといった事例がしばしば見受けられる[要出典]。

重力の関係で雨は空から地面に向かって落下してくる。このため昔の雨漏りは空に面した屋根で起こることが多かった[要出典]。屋根から雨が入らないよう十分に考慮した設計・施工が重要になるほか屋根の手入れも重要となる。 屋根を通じて滴り伝ってきた雨が接触する壁あるいは窓も同様である。現在では屋根材料や工法の開発もあり、屋根よりもむしろ壁からの水の浸入が多くなってきている。また壁からの雨漏りは水の進入場所と内部で沁みができる箇所が離れている場合が多く、専門知識がないと欠陥箇所の特定すら難しい。

近年では、特定が難しい雨漏りの原因を検査する道具として、赤外線カメラによるサーモグラフィー法が利用されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


横浜市で介護リフォームするなら、一貫施工の株式会社蓮花草まで

投稿者 株式会社蓮花草 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ユニットバス
ユニットバスとは、工場であらかじめ天井・浴槽・床・壁などを成型しておき、現場に搬入した後にそれらを組み立てる浴室の事である。

タイルを一枚一枚貼って造る在来工法の浴室と比べ、短時間での施工が可能なうえに階下への水漏れのリスクが少ない事から、戸建住宅からマンション、ホテル、アパート、病院等にいたるまで、様々な建築物に用いられている。最近では、サイズや機器のオプションが自由に選べるものが増えている事から、「システムバス」と呼ばれる事も多い。ホテルや集合住宅など、トイレや洗面台と浴室を独立して設置できるようなスペースが無い物件むけに、トイレ及び洗面台を浴室内に設置できるタイプのユニットバスもあり、これを3点ユニットという。

類似のものとして、バックミンスター・フラーが金属製の浴室ユニット『ダイマキシオンバスユニット』を1938年に特許出願したが、アメリカ合衆国ではほとんど普及しなかった。

現在につながるFRP製のユニットバスは、日本で開発された。1964年、東京オリンピックを控え、急ピッチで建設が進められていたホテルニューオータニで、内装工事を出来る限り省力化するために考案された[1][2]。主に開発に携わったのは日立化成工業(現:ハウステック)・東洋陶器(現:TOTO)の2社である。それまではバス・トイレの施工は1部屋につき職人数人と1ヶ月を要していたものが、運び込んで設置するだけで良いユニットバスを採用したことでわずか数時間に短縮されたという。

「ユニットバス」、「システムバス」ともに和製英語。英語ではbath moduleという。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


横浜市で介護リフォームするなら、一貫施工の株式会社蓮花草まで


投稿者 株式会社蓮花草 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
       
5
 
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

横浜市磯子区を拠点に介護保険での訪問マッサージに対応しています。