横浜市・川崎市のリフォーム・雨漏り修理なら株式会社蓮花草まで
HOME>職人ブログ

職人ブログ

風水を考えたお部屋づくり  ダイニング編
ダイニングルームの場所が悪いと部屋の気をそのまま料理と一緒に取り込むことになるので、幸運の気を逃がし家庭内不和などが起こる要因にもなります。
一番よい場所は、住居の大極と言われる中心ですが、たとえ位置が良くなくても、ダイニングルームを清潔に、明るくすることで家族円満のよい気を呼び込むことができます。

横浜市の介護リフォームなら株式会社蓮花草まで
投稿者 株式会社蓮花草 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
風水を考えたお部屋づくり リビング編

リビングルームは、くつろげるかどうかが大事なポイントです。リビングルームの状態がよいと、心臓と肝臓が癒されるとされています。
風水では、リビングルームの場所は、家の中心である大極か、玄関の近くがよいとされており、反対に玄関からリビングルームが遠いと、活動力を失い、仕事に対する意欲を失うとされています。

■リラックスするには色調に気をつける

モノトーンの色調など、あまり単調にしすぎると愛も創造力も何も育たない家になってしまいます。
豊かな色彩でメリハリを利かせ、脳に適度な刺激を与えることで、そこにいる人たちを楽しい気分にさせ、ますます気が活性化するのです。暗いインテリアも要 注意です。黒っぽい色調、くすんだ色のデザイン、暗すぎる照明や、骨董(こっとう)品、暗いイメージを持つ絵や置き物はなるべく避けましょう。

■家族団らんの幸運を呼ぶインテリア

リビングルームは家族が集まり語らう場所です。ここに階段を設置することで、部屋に行く時、必ずリビングルームを通ることになります。家族のコミュニケーションも増えて、部屋そのものがますます機能するようになるでしょう。

照明は、間接照明、白熱灯を使うことをオススメします。キャンドルなど暖かみをイメージさせるものもよいでしょう。
暖炉がリビングルームにあれば、さらに気を活性化してくれます。これには脳を調整し、リラクゼーションも誘発する効果も。ガス暖炉も同様に気を活性化する効能があります。

また、植物のやさしい波動も気持ちを落ち着かせ、悪い気を吸い取ってくれるので、観葉植物を多めに置くのもよいでしょう。

横浜市の介護リフォームなら株式会社蓮花草まで

投稿者 株式会社蓮花草 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
風水を考えたお部屋づくり  書斎編
書斎は、一家の主人の脳の状態と対応しているため、風水では書斎のない家に住むと、その家の主人には思考力、知覚力の欠如が見られるとされています。
よい気に満ちている書斎は創造能力を高め、目標達成へのエネルギーが湧き、判断を誤らないような脳の状態をつくります。
■机の位置が仕事に大きな影響を与える

机の位置や向きが特に思考力に関係します。
書斎や学習室では、デスクが壁を背にして入り口の方向に向かっているかどうかが第一のチェックポイントです。壁を背にしていれば気はその人に集まってきますし、デスクの前に鏡や窓があると気を逃がしてしまいますから気をつけましょう。
■窓やドアの位置にも注意が必要

背中越しに窓があると、窓からの気が体に常に当たるので健康を害しやすくなります。また、ドアに背を向けて座ると、無意識のうちに後ろを恐れて緊張が高まり、不安感が強くなったり、集中力のない人間にもなってしまいます。このような不安感が続くと、徐々に気が抜かれてしまいます。
ドアの近くも、常に気が動いているのでデスクを置くのには適していません。
■気持ちのよいクリエイティブな空間

デスクは、なるべく木製にします。角のとれた形のものがベストですが、金銭に関わる仕事をしている人は、長方形がもっともよい気を集めることができます。色彩は、ナチュラルな木質系、茶系であればよい気を呼び込むことができます。

書斎のライトはなるべくトゥルーライト(物の色が自然に見える、目に優しい蛍光灯)にして、脳の状態を整えます。気を散らしてしまうような蛍光灯のスタンドは避けましょう。

気持ちのよい空間にすれば、脳が活性化して、やる気も起こり、クリエイティブな生活を送ることができるのです。

横浜市の介護リフォームなら株式会社蓮花草まで

投稿者 株式会社蓮花草 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
風水を考えたお部屋づくり 階段廊下編
風水では玄関から見えるところに階段があるのはふさわしくないと言われています。特に玄関の真正面に階段を置くのは極力避けましょう。
また、廊下は、家の気の通り道で、体では気管支を意味しています。廊下の状態が悪いと、活力、判断力を失うとされています。廊下はなるべく少なくしたほうが無難です。
■家族円満の階段

リビングルームに階段があると、家族は必ずリビングを通って部屋に行くことになるので、家族のコミュニケーションが増えて家族が円満になるとされています。
■階段が暗い家は貧乏になる

階段が暗いと気が流れにくくなり、陰の気が高まって財の流れが悪くなってしまいます。照明を明るくし、いつも明るい状態を保つことで、気が淀むことなく流れ、気持ちよい空間になります。

さらに、手すりと踏み込み板は必ず付けましょう。踏み込み板のない階段は、すき間から気が抜けて階上に気が上がっていきません。手すりの材質には、手から気が抜けてしまう金属系は避けましょう。
■幸運を呼ぶ廊下とは

廊下の幅は狭くしてはいけません。圧迫感があると通るだけでストレスになってしまいます。
照明は、ぶら下げタイプにするとほこりがたまり、気が淀んでしまうので、天井への埋め込みタイプにします。
壁を動きのあるデザインにしたりして単調さをなくすと、適度に脳に刺激を与え、通るたびに気が活性化するので幸運を呼ぶ廊下になります。

横浜市の介護リフォームなら株式会社蓮花草まで

投稿者 株式会社蓮花草 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
風水を考えたお部屋づくり 玄関編
幸運は玄関から入ってきます。玄関は全ての気の入り口ですから、玄関と門をよい状態にしておくことで、よい気を家へ呼び込み、運気をよくすることができます。
さらに玄関は、気を呼び込むだけでなく、ろ過装置の役目も果たしています。気の整った玄関にすることで、外で起きた災難や問題などの悪い気が持ち込まれるのを防いでくれるのです。
■玄関が住む人の考え方や行動を決めてしまう

玄関に入り最初に入ってくる光景や臭いは、無意識のうちに脳に記憶としてインプットされます。
臭いをなくし、常にきれいに整理して明るいイメージにすれば、考え方や行動が前向きになり、運気がよくなるとされています。
狭かったり汚れていると、入った時にくつろげず、外で嫌なことがあった時にその気分をストレートに家に持ち込んでしまうのです。
■運気を呼び込むリフォームのポイント

風水では、よい気を集めるために玄関のドアにお金をかけます。がっちりとしたドアは住む人を守ります。
また、リフォームする場合は、空間に広がり感を持たせ、シューズクロークを必ず設置しましょう。暖かみのある色彩や、ナチュラルな木質系を使うとよりgoodです。
■風水による玄関のインテリア

よい運を呼ぶには、金色や黄色の置き物を飾りましょう。金運アップにも効果的。
また、はく製やアンティークの置き物、とげのあるサボテンや植物は運気を低下すると言われているので、なるべく置かないようにしましょう。

横浜市のリフォームなら株式会社蓮花草まで

投稿者 株式会社蓮花草 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
 
2
       
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

横浜市磯子区を拠点に介護保険での訪問マッサージに対応しています。