横浜市・川崎市のリフォーム・雨漏り修理なら株式会社蓮花草まで
HOME>職人ブログ

職人ブログ

雨漏りについて
建築物は雨が侵入しないように考慮して設計が行われるが、設計の段階で欠陥があるか、あるいは施工の段階で欠陥があると完成した建築物へ雨が侵入することがある。

また雨漏りの原因として建築材の経年劣化によるものも挙げられる。台風やその他暴風雪、塩害などの気象条件、周囲環境に適さない建築材や、耐水性の少ない建築材を用いることで劣化の進行が起こりやすく、雨漏りが起こりやすいということがある。 また雨漏りの原因となる水の浸入は、水が風によって下から上に押し上げられたものが多く、たとえ大雨でなくてもある日突然発生するといった事例がしばしば見受けられる[要出典]。

重力の関係で雨は空から地面に向かって落下してくる。このため昔の雨漏りは空に面した屋根で起こることが多かった[要出典]。屋根から雨が入らないよう十分に考慮した設計・施工が重要になるほか屋根の手入れも重要となる。 屋根を通じて滴り伝ってきた雨が接触する壁あるいは窓も同様である。現在では屋根材料や工法の開発もあり、屋根よりもむしろ壁からの水の浸入が多くなってきている。また壁からの雨漏りは水の進入場所と内部で沁みができる箇所が離れている場合が多く、専門知識がないと欠陥箇所の特定すら難しい。

近年では、特定が難しい雨漏りの原因を検査する道具として、赤外線カメラによるサーモグラフィー法が利用されている。

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


主な対応エリア

【横浜市内】
鶴見区・港北区・都筑区・青葉区・緑 区・神奈川区・西区・中区・保土ヶ谷区・旭区・瀬谷区・磯子区・金沢区南区・港南区・戸塚区・栄区・泉区
【川崎市】
中原区・幸区・川崎区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区
【23区内】
目黒区・品川区・港区・渋谷区・世田谷区・大田区・中野区・杉並区・千代田区・中央区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区

投稿者 株式会社蓮花草 (2011年3月 1日 19:48) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

横浜市磯子区を拠点に介護保険での訪問マッサージに対応しています。