横浜市・川崎市のリフォーム・雨漏り修理なら株式会社蓮花草まで
HOME>職人ブログ

職人ブログ

ハウスダストのアレルギー検査
上記のようにハウスダストは複数のアレルゲンが混合したものである。そのため、その検査に陽性だった場合、さらにいくつかのアレルゲンによる検査をし、ハウスダストのうちの何にアレルギー反応を起こすのかを特定し、セルフケアとしてその抗原に対処することが望ましい。

しかし、実際のアレルギー検査の際には複数のアレルゲンを同時に検査することが多いため、その際にハウスダストとダニの項目が同時に陽性になっていれば、それはほぼダニに対するアレルギーがあると考えてよい。ハウスダストに反応するがダニには反応しない場合、さらに詳細なアレルゲン検索が行われることがある。

なお、アレルギー検査の項目として示されるものにハウスダスト1とハウスダスト2などのように数字がふられている場合がある。これはアレルゲン抽出物の製造元の違いによるもので、含まれるアレルゲンの種類と量がやや異なる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


雨漏りでお悩みなら横浜市磯子区の工務店、株式会社蓮花草まで

投稿者 株式会社蓮花草 (2010年10月21日 21:59) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

横浜市磯子区を拠点に介護保険での訪問マッサージに対応しています。