横浜市・川崎市のリフォーム・雨漏り修理なら株式会社蓮花草まで
HOME>職人ブログ

職人ブログ

風水を考えたお部屋づくり 階段廊下編
風水では玄関から見えるところに階段があるのはふさわしくないと言われています。特に玄関の真正面に階段を置くのは極力避けましょう。
また、廊下は、家の気の通り道で、体では気管支を意味しています。廊下の状態が悪いと、活力、判断力を失うとされています。廊下はなるべく少なくしたほうが無難です。
■家族円満の階段

リビングルームに階段があると、家族は必ずリビングを通って部屋に行くことになるので、家族のコミュニケーションが増えて家族が円満になるとされています。
■階段が暗い家は貧乏になる

階段が暗いと気が流れにくくなり、陰の気が高まって財の流れが悪くなってしまいます。照明を明るくし、いつも明るい状態を保つことで、気が淀むことなく流れ、気持ちよい空間になります。

さらに、手すりと踏み込み板は必ず付けましょう。踏み込み板のない階段は、すき間から気が抜けて階上に気が上がっていきません。手すりの材質には、手から気が抜けてしまう金属系は避けましょう。
■幸運を呼ぶ廊下とは

廊下の幅は狭くしてはいけません。圧迫感があると通るだけでストレスになってしまいます。
照明は、ぶら下げタイプにするとほこりがたまり、気が淀んでしまうので、天井への埋め込みタイプにします。
壁を動きのあるデザインにしたりして単調さをなくすと、適度に脳に刺激を与え、通るたびに気が活性化するので幸運を呼ぶ廊下になります。

横浜市の介護リフォームなら株式会社蓮花草まで

投稿者 株式会社蓮花草 (2010年10月26日 09:33) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

横浜市磯子区を拠点に介護保険での訪問マッサージに対応しています。