横浜市・川崎市のリフォーム・雨漏り修理なら株式会社蓮花草まで
HOME>職人ブログ

職人ブログ

風水を考えたお部屋づくり 子供部屋編
子供時代の環境は、大人になってもその人の性格や考え方にとても大きな影響を与えています。
その頃の環境を自然の優しさや愛を感じることのできる場にすればするほど、インスピレーションや感性豊かな子供に育ち、優しさや愛情を感じることのできる人間に成長していくのです。
■子供の知育に影響を与えると太陽の気のエネルギー

子供部屋が西日の強く入る位置にあれば、子供は退廃的になり、勉強をしなくなるとされています。西日の持つ気のエネルギーは、風水では基本的にものを腐らせてしまうとされるからです。
逆に東から昇る勢いのある太陽の光が入ってくる位置にあれば、太陽の気のエネルギーで部屋が活性化され、前向きで行動力のある子供に育ちます。
■部屋によい気を持ち込むレイアウト

【部屋を整理整頓し、清潔にしましょう】
散らかっていれば、その乱れた状態がそのまま脳にインプットされて、子供の性格や考え方にも影響を与えてしまいます。

【テレビやテレビゲームを置かない】
部屋にこもりがちになり、家族とのコミュニケーションの機会が減るなどの問題が生じてきます。

【ドアを開けたらまず学習机が見える配置が望ましい】
ドアを開けて一番最初に学習机が見えることで、子供に勉強することへの条件づけをさせるためです。もし最初にベッドが見えるようであれば、寝ることが条件づけされてしまいます。
学習机の位置は、座る時に入り口に背を向けないように配置します。背後に入り口があると恐怖感が出て緊張してしまい、気が散って集中力のない子供になってしまいます。
■ベッドの下には何も置かない

ベッドの下にぬいぐるみや雑誌などが置いてあれば気管支炎やアレルギーにかかりやすくなります。何も置かない方が掃除もしやすく、気を淀ませるほこりもたまりにくいのです。
また、子供部屋には、クロークを設置します。部屋のあちらこちらに衣類をかけると、気が淀み脳の働きを悪くします。

横浜市のリフォームなら株式会社蓮花草まで

投稿者 株式会社蓮花草 (2010年10月26日 09:29) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

横浜市磯子区を拠点に介護保険での訪問マッサージに対応しています。